業務内容
鉄骨工事耐震工事
 
業務内容|鉄骨工事
 
その場所に建物が存続し続けることが、確かな証であり、誇り
  今日の近代建築や高層建築において、鉄骨工事は欠かせないものです。鉄の加工技術や鉄骨工事技術の発展が、現在の建築物の発展そのものといっても過言ではないと考えています。
大きな荷重にも耐え、自由で美しいデザインを表現でき、そして長期にわたり強度と精度を保ち続けられる鉄骨は、建築物の核となる部分です。その鉄骨・鋼材を組み上げる鉄骨工事技術には、妥協やミスは決して許されるものではありません。建物が完成した時には、鉄骨部分のほとんどが外観からは見えなくなってしまいます。
だからと言って手を抜いたり、妥協したりは絶対にできないのです。建物の核となる鉄骨ズレや狂いがあっては、建物は真っ直ぐに立つことも出来なくなります。
 
その場所に建物が存続し続けることが私たち剛工業の確かな証であり、誇りだと考えています。
鉄鋼材料を高いレベルでの技術で切断・溶接・穴あけ・曲げ等の加工を加え設計図面に沿った狂いのない技術と、技術者としてのプライドを込めます。
素材加工後の組立検査、溶接後の外観検査及び超音波検査。加工の精度検査とお客様による製品検査をクリアし各現場へと運ばれていきます。
例えば鉄骨同士は、ボルトやリベットで固定が行われますが、鋼材を組み合わせてすぐに締めこむのではなく、「一次締め・本締め」と呼ばれる行程で締め付けられます。
これは、接合部分に遊びが無くなるのを防ぐためでもあり、まだ締めていない箇所の接合部分にずれが生じないようにするためのものです。現場ではボルトを締めるだけではなく、鍛冶工事という作業もあります。鋼材は工場から搬出された時点で全てカットされているわけではありません。
現場で、図面を元に、鍛冶工の手によって、ひとつひとつカットする場合もあるのです。熟練の技術者である鍛冶工が詳細な図面を元に加工し、精巧で精密な技術で鋼材を組み上げていきます。
 
このように、鉄という素材に機械加工・技術者による加工が加えられ、現場にて精密に再現され、鉄骨が鉄骨を補強し、さらに強い鉄骨へと組みあがることにより、地上何十メートル、何百メートルもの建物を長期にわたり維持することが可能となるのです。
剛工業ではHグレードの安心と共に、経験に裏打ちされた知恵と知識を最大限活用し最高の技術者集団として、自信を持って対応させていただきます。
 
▲このページのTOPへ
 
業務内容|耐震工事
 
企業のBCP対策として出来ること
昨今、南海トラフ巨大地震・都市直下型地震など、今世紀前半にも起こるのではないかと心配されています。政府による対策も打ち出されているようですが、企業としてのリスクマネジメント(損失の危機の管理に関する体制)、及びBCP対策(業務継続計画<Business Continuity Plan>)も考慮しなければならないのが現状です。
地震に弱い建物は自分や家族及び従業員の命、財産を守るうえで非常に大きなリスクであるばかりでなく、地震により建物が倒壊した場合、隣接する道路を塞ぎ緊急・救急・消火活動の大きな障害になります。復旧・復興の支障にもなります。
大地震はいつ起こるか予測することは非常に困難であるため、いつ起きても対応できるよう早めの対策を立てることが急務です。
 
  建物の耐震補強の方法には様々ありますが、まずはその建物が大地震に耐えうる構造をしているかどうかの診断を受け、必要な箇所に必要な補強を行わなければなりません。柱・梁の仕口部を鋼板の三角プレートで補強をする三角プレート補強。水平部レースを補強することで建物全体を一体となるようにする水平ブレース補強。壁面に鉛直にブレース補強を施し、建物の柱・梁フレームの変形を抑制する鉛直ブレース補強。建物の内部の柱・梁・仕口部のせん断破壊を防ぎ、建物自体が変形して崩壊しないように鋼板で補強をする鋼板補強。1階部分が駐車場などになっているピロティー構造の場合、柱と柱の空間に鉄骨フレームで補強するピロティー補強。その他アーチ型ブレース補強、K型ブレース補強。建物の外部からブレース補強を行うものなど、それぞれの建物により様々方法があります。
 
建物の補強工事を行うことにより、いかに被害を最小限に留めるのかがカギとなります。皆様のご使用されている建物の耐震性に不安がある場合は、一度ご相談いただければと思います。
「やっておけばよかった」と後で後悔する前に一度ご連絡ください。
 
ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ
お電話でのお問い合わせは0545-38-3755まで。フォームでのお問い合わせは、下記ボタンお問い合わせフォームへ。
 
▲このページのTOPへ